ジェネリックのed薬バイアグラに絶大な効果を感じる男性の喜び姿

バイアグラと言えばED治療薬として誰もが知っていると思いますが、日本でバイアグラを使うとなれば通常は医師の処方が必要となります。

最近ではネットで医薬品を取扱うことが議論にもなりましたが、現在でも処方薬に関しては、医師の処方箋が無いと販売してはいけないので、処方薬をネットで扱うことは出来ません。

ところがネットで検索してみると、バイアグラを含め、ジェネリックのED治療薬など、さまざまなED治療薬がネットで販売されています。

なぜ、日本の法律で禁止されているED治療薬がネットで買えるのかというと、日本国内では医師の処方箋が無いと販売してはいけない処方薬ですが、個人輸入という形であれば海外からネット通販で購入しても問題ないみたいなのです。

そこで、ネットには多くの個人輸入代行業者が運営している、処方薬を取り扱ったサイトが数多く存在していて、それらのお店で、海外のジェネリックのED治療薬を購入することが出来るのです。

日本で普通に医師の処方で購入するED治療薬よりも確実に安く購入出来るので、 お薬ラボなど個人輸入代行業者が運営しているサイトで個人輸入という形でジェネリックのED治療薬を購入した方が価格ははるかに安いのでおすすめです。

しかし、安いということと海外のED治療薬ということで、その効果や安全性はきになりますが、海外のED治療薬であっても、ジェネリックのED治療薬でも、きちんとしたルートの正規品であれば問題無いと思います。

ところが個人輸入で一番気を付けなければいけないところは完全に自己責任になるという部分で、ネットでの購入ということで、ついついそこのお店から買ったという安心感を覚えますが、あくまでもそこのお店が保証してくれるのは個人輸入の代行業務であって、商品そのものを保証してくれる訳ではありません。

なぜなら、自己の責任において処方薬を国内で処方出来るのは医師だけなので、個人輸入代行はあくまでも、自己責任で海外から処方薬を輸入する業務を代行してくれる代行業者でしかないというのが現状です。

とはいえ、日々使う薬剤であれば長く使用するとなるとかなりの医療費になってしまいますし、 ED治療薬は保険がきかない自由診療なので、薬代も効果です。

そこでジェネリックのED治療薬を格安に気軽に購入出来る、個人輸入代行業者が運営しているサイトは人気があります。