ジェネリックed治療薬を飲んで男性機能を取り戻したうきうきの男

1998年にファイザー製薬が発売したことで世界中に衝撃を与えたED治療薬バイアグラ。
その後もドイツのバイエルが開発したレビトラや、アメリカのイーライリリーが開発したシアリスなど、様々なED治療薬が発売されています。

現在ではジェネリックのED治療薬の種類も様々な製薬会社ら発売されていて、その数は日本の製薬会社だけでもかなりの数になりますが、インドやフランスなど、世界中で製造されて発売されています。

ED治療薬の種類は、世界で初めてその効能が認められたファイザー製薬のバイアグラと、バイエルのレビトラ、イーライリリーのシアリスが有名なのですが、それぞれの薬に使われている有効成分が異なります。

バイアグラの有効成分はシルデナフィルで、レビトラの有効成分はバルデナフィル、シアリスの有効成分はタダラフィルという成分になるのですが、それぞれの有効成分をもとに作られたジェネリックのED治療薬も数多く販売されています。

初めてED治療薬が世の中に出てきた頃は、その安全性や効果について不安に思う人もいましたが、現在ではある程度副作用の範囲や使用する際の注意事項も知られてきているので、以前よりもED治療薬を利用している人たちは増えています。

しかし利用者の増加とともにコストの問題も当然出てきますので、ED治療薬を利用している人の中にはジェネリックのED治療薬を利用する人も増えてきています。

ジェネリックのED治療薬のおすすめポイントとしましては、先発医薬品と同じ有効成分が含まれているのに価格が安いことに尽きます。

ジェネリックのED治療薬の種類としましては、それぞれ有効成分によって、それぞれのジェネリックのED治療薬が発売されています。

例えばバイアグラの有効成分であるシルデナフィルを有効成分とする、ジェネリックのED治療薬は「シルデナフィル系」となり、カマグラ、スーパーカマグラ、カベルタ、シルデナフィル、シラグラ、ベガマックス辺りが有名です。

そしてシアリスの有効成分であるタダラフィルが含まれている、「タダラフィル系」のジェネリックED治療薬としては、メガリス、タダリスSX、タドラ、フォーゼストなどが知られています。

また、バイアグラよりも食事などの制約もなく副作用も弱いと言われている、レビトラと同じ有効成分のバルデナフィルを含むジェネリックのED治療薬として、バリフ、サビトラが発売されています。

ジェネリックのED治療薬はこの3種類に分かれますので、それぞれの違いや成分に気を付けながら選びましょう。